TEL

首・肩のこりの痛み|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2018.01.23 | Category: 未分類

今回は、首・肩のこりの痛みについて紹介したいと思います(*^_^*)

<症状>

首筋から肩先や肩甲骨の周辺が重苦しく感じたり、かたくこわばってきたり、ときには鋭い痛みを感じます。これら首・肩のこりは、筋肉と疲労から起こるものです。腕や肩を使った長時間の作業、根をつめた仕事、不自然な姿勢、目の疲れ、内蔵関係の不調、精神的ストレスなど、その原因はさまざまです。

<治療のポイント>

まずは首と肩を蒸しタオルなどでよく温め、筋肉の緊張をほぐします。首のこりと痛みには、天柱、風池の指圧がよく効きます。横首が痛む場合はえい風から気舎にかけてのマッサージが効果的です。肩のこりと痛みをやわらげるには、肩井から曲垣など肩甲骨周囲の指圧とマッサージをおこないます。また、背中のけつ陰ゆも全身の血行をよくし、筋肉をほぐす効果があるので、忘れずに指圧します。

全身の重だるさがあるときは、背中と腰の指圧も加えます。胃腸の調子が悪く、慢性的にかたから背中がこっている場合は、腹部のツボの周辺をやさしくマッサージすとよいでしょう。

<治療すすめ方>

天柱

首のこりをほぐすときはまずここを指圧して首の緊張をほぐす

<位置>

首の後ろの髪の生え際にある、2本の太い筋肉の外側のくぼみ

<治療>

患者の頭を手のひらで包むようにして、親指でこねるようにツボをもみ押す。首のこりをほぐすのに効果的なツボ。首の後ろの2本の太い筋肉沿いにマッサージをおこなうと、さらに効果があがるようです。

肩井

肩こりの治療に最もよく用いられる 非常に効果のあるツボ

<位置>

首の後ろの根もとと肩先の中間のところ

<治療>

治療者は患者の後ろにまわり、患者の肩を手のひらでつかむようにしてツボに親指を当て、もむように押す。いくつかある肩こりをやわらげるツボのうちでは、これが最もよく用いられ、最も効果がある。首や肩甲骨も含めた肩こりマッサージをおこなうと、より効果的です。

えい風

横首のこわばりがあるときはここを治療の起点にする

<位置>

耳たぶの後ろのくぼんだところ

<治療>

指先で耳たぶの後ろをくり返し押す。横首の筋肉がこわばっているときは、その根もとに近いえい風と天ようのあたりを起点に、のどもとの気舎のあたりまで、筋肉に沿って軽くさするといいそうです。

寝違え|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2018.01.22 | Category: 未分類

今回は、寝違えについて紹介したいと思います(^v^)

<症状>

朝起きたとき、首が痛くてまわらなくなったり、後頭部から首や肩にかけて痛みが走ることがあります。これら寝違えのほとんどは、無理な姿勢で寝てしまったために、首の筋肉が異常に緊張したり、引っ張られたりして起こります。そのほかにも、急激な冷えによって起こる場合があります。

<治療のポイント>

首を支えている太い筋肉と、肩や背中の筋肉を中心に治療します。ただし、指圧とマッサージをする前に、必ず蒸しタオルなどでこれらの場所を温めておくようにします。

天柱、風池の指圧と首の後ろの僧帽近のマッサージ,天容、天ていの指圧と首の横の胸鎖乳突筋のマッサージはとくに大切です。肩の肩井、背中の膏盲、曲垣をよくもみ押し、肩甲骨を下から上へさするようにするのも効果的です。

<治療のすすめ方>

天容

首の筋肉の緊張をほぐし痛みをやわらげる

<位置>

下顎の各の後ろで、横首の筋肉の前側へり

<治療>

後ろ首をいたくない程度にさすったあと、このツボを指先で力の入れ過ぎに注意して、軽くこねるように押す。続けて耳の下からのどもとの天てい・気舎の位置までをやさしくさすると、首の筋肉の緊張と痛みがやわらいで、首を動かすのが楽になる。

曲垣

寝違えのためにこわばっていた肩が楽になる

<位置>

肩甲骨の上方、内側の角

<治療>

治療方は、うつぶせに寝かせ患者の肩甲骨に両手をつき、親指で左右のツボを同時に押す。首の後ろから背筋沿いと、寝違えのために姿勢がくずれてこわばっていた肩が楽になる。

肩井

首から肩へかけてのこわばり感を取り除く

<位置>

首の後ろの根もとと肩先の中間のところ

<治療>

治療者は患者の肩をつかむようにして、親指でも押す。患者が自分で指圧するときは人差し指を使い、右手で左肩、左手で右肩を片方ずつ押すとよい。首から肩へ続く筋肉がほぐれ、こわばり感がとれる

 

むち打ち症|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2018.01.20 | Category: 未分類

今回は、むち打ち症について紹介したいと思います(^◇^)

<症状>

首が痛くてまわらない、肩が痛い、肩がこる、頭が痛い、気分が悪い…。これらの症状があらわれるむち打ち症は、首の骨の周囲にある靭帯や筋肉の障害によって起こります。交通事故で車が追突されたときに大きな衝撃を受け、首が反り返って起こる例が際も多いようです。

ひどい場合には首の神経の経路が影響をうけて、手足がしびれたり、耳鳴り、めまい、吐き気などを引き起こすことがあります。

<治療のポイント>

安静を第一として、症状がながびくときはツボ療法でやわらげます。

頭が痛い、首がまわらないといった症状には、天柱、風池、完骨、肩がこって痛む場合は、肩井、肩ぐう、曲垣、大椎などの指圧とマッサージをおこないます。手にしびれがあれば、曲池、げき門のほか、手の各ツボを治療します。

<治療のすすめ方>

完骨

首筋を軽くさすったあと、ゆっくり指圧すると頭痛や首の痛みもやわらいでくる

<位置>

耳たぶの後ろの骨の、さらに後ろのくぼみ

<治療>

治療者は患者の頭をかかえるようにし、軽く首筋をなでてから、親指の腹でゆっくりと左右のツボを圧迫する。これは、頭痛や首がいたくてまわらない、といった症状に効果があるようです。首の後ろの天柱・風池もあわせて指圧すると、さらに効果てきです。

肩ぐう

むち打ち症にともなう肩こりの痛みに効果的

<位置>

肩の先端で、腕を真横に動かすとくぼみのできるところ

<治療>

治療者は片手で患者の腕をしっかり支え、もう一方の手の親指でツボを指圧する。これによって、むち打ち症にともなう肩こりと痛みがやわらぐ。このツボの位置から肩井・大椎などへむかってマッサージするのもよい。

げき門

手のしびれがあるときは少し強めにツボを指圧する

<位置>

前腕部の、手のひら側の真ん中あたり

<治療>

腕をつかむようにして親指で強めに指圧する。これは手のしびれ、とくに中指とその周辺のしびれによく効くツボ。しびれや痛みが続くときは、このツボの位置を中心に、前腕部をひじの方から手首の方まで順にも進めるようです。

関節リウマチ|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2018.01.19 | Category: 未分類

今回は関節リウマチについて紹介したいと思います(^-^)

<症状>

朝起きたときに指がこわばって動かしにくい、手足がしびれる、といった症状に始まり、やがて関節の痛みが小さい関節から大きい関節へと広がります。

さらに、なんとなくからだがだるい、食欲がない、よくねれないといった全身症状から、手足が冷える、腰痛、便秘、貧血などの症状もみられるようになります。

<治療のポイント>

痛む関節の周囲のツボを中心に、力のいれすぎに注意しながら指圧とマッサージをおこないます。ひじの曲池、ひじの曲沢、尺沢、手首の陽けい、陽池、太えん、大陵、膝の内膝眼、外膝眼、足首の解けい、太けいなどは、とくに効果があります。

全身症状をやわらげるためには、背中の肝ゆと脾ゆに指圧します。これらのツボを丁寧に指圧し、マッサージも併用することは、全身の血液循環を整えることにつながり、治療の大切なポイントとなります。お灸も効果的です。

<治療のすすめ方>

太えん

指のマッサージと併用して手のこわばりをやわらげる

<位置>

手のひら側の手首の曲がり目、親指寄りのところ

<治療>

親指の関節を直角に曲げて、グリグリとツボを指圧する。手のだるさやこわばり、関節の痛みなどをやわらげる。続けて患者の親指から小指までを順によくもむと、さらに効果がある。

大陵

陽池とともに指圧を習慣づければ指が楽に動かせるようになる

<位置>

手首の手のひら側の中央

<治療>

親指の関節を直角に曲げてツボを指圧する。起床時に手の甲側の手首の中央にある陽池もあわせてもみ押す習慣をつけると、こわばりがすぐにとれ、指が楽に動かせるようになる。

尺沢

前腕部から肘にかけての不快な症状をやわらげる

<位置>

肘の内側の曲がり目の中央にある、かたいすじの親指側

<治療>

親指の先が患者の手の皮膚にしずむようにかけての痛みとこわばり・不快感をやわらげる効果があるため、慢性関節リウマチの治療に用いられる。

解けい

指圧でこわばりがほぐれたら足首の曲げ伸ばし運動を

<位置>

足首の前頭中央あたり

<治療>

治療者は患者を仰向けに寝かせ、患者のかかとを手のひらで包むようにして、親指でツボを指圧する。これによって足首の痛みとこわばりがほぐれたら、足首を上下に曲げ伸ばす運動もおこなうとよい

手のしびれ・痛み・神経痛|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2018.01.18 | Category: 未分類

今回は、手のしびれ・痛み・神経痛について紹介したいと思います(^-^)

<症状>

登山で重い荷物を背負ったときなどに、リュックサックのひもで肩が圧迫されて上腕がかるくしびれたり、運動や作業によって筋肉が疲労して痛んだり、指先が冷えてこわばり、しびれたり。手のしびれと痛みはさまざまな原因で起こります。なかでも、肩から指先まで一本の線を描くように痛む場合は、手の神経痛を疑います。

<治療のポイント>

神経痛はツボ療法が有効な病気のひとつです。蒸しタオルなどで患部を十分に温めることが大切です。温めて筋肉の緊張がほぐれたら、上腕のひじゆをはじめ、肘の曲池、前腕の手の三里、げき門、内関、手の甲の合谷などをポイントに各ツボを指圧し、マッサージをしていきます。

腕へめぐる神経の通り道にある胸の上方の雲門、中府、けつ盆の指圧も大切です。上腕部の痛みは、首、肩、背中のこりをともなうので、これらの部分のツボもよくもみ押すとよいでしょう。

<治療のすすめ方>

けつ盆

腕の神経の通り道にあるツボ鎖骨に食い込むようにおして腕の痛みをやわらげる

<位置>

鎖骨の上のくぼみの半ばほど

<治療>

人差し指と中指を曲げて、鎖骨に食い込むようにぐっと押す。これは、胸や腕をめぐる神経の通り道にあるツボ。患者の呼吸に合わせてくり返すと、痛みがやわらぐそうです。

ひじゅ

痛みで腕が上がらないなどの症状に効果がある

<位置>

肘の曲がり目から指幅7本分ほど肩寄りで、肩からの三角筋の終わるところ。

<治療>

治療者は、患者の腕をつかむようにして親指に力をこめ、指圧する。上腕部の症状、とくに痛みで腕があがらないときなどに効果てきです。

手の三里

数秒間の指圧を3~4回腕の神経痛に効く

<症状>

前腕の親指側で、肘の曲がり目から手先にむかって指幅2本分ほど離れたところ

<治療>

親指の先が患者の皮膚に軽く沈むぐらいに力をこめて押す。数秒間の指圧を3から4回繰り返す。腕の神経痛の治療によういると効果的です。

曲池

手先に続く神経の通り道 強めに指圧すると手指の症状にも効果がある

<位置>

肘の曲がり目で、親指側のくぼみ

<治療>

肘をしっかりつかむようにして親指をツボの位置に当てる。親指の関節を曲げて力をこめて指圧すると効果的です。手先に続く神経の通り道なので、手指のしびれにもよく効く。腕全体をもんで筋肉の緊張をほぐすとさらによい

合谷

痛みをしずめる効果がある 強めに指圧するとよい

<位置>

治療者は患者の手首を片手で支え、もう一方の手で患者と握手するように、手の甲へ親指を食い込ませて強めに押す。あらゆる手の痛みをしずめる効果がある。

内関

中指に抜けるような腕の痛みにとくによく効く

<位置>

前腕の手のひら側の中心線上で、手首の曲がり目から肘の方向へ指幅2本分ほど離れたところ。

<治療>

親指に力をこめてツボを指圧する。このツボは、腕の中指に抜ける痛みをやわらげるのにとくに効果的です。もみほぐすようにしてもよい。

手首のねんざ・つき指|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2018.01.17 | Category: 未分類

今回は、手首のねんざ・つき指について紹介したいと思います(^u^)

<症状>

運動や作業で、ひねったり衝撃を受けたときに起こりやすい手首のねんざとつき指。どちら関節の周囲を痛めるもので、腫れてズキズキと痛むがその主な症状です。

患部が熱をもったり、ひどい場合は内出血がみられることもあります。

<治療のポイント>

発症後2~3日は、患部を冷やすのがよい治療法です。こうしてはれや熱がひくのを待ち、冷湿布をしたまま患部の安静を保ちます。

4~5日目は、反対に温湿布をしたり、入浴時によく関節をもむと効果があります。

手首、手指の関節の症状には、ツボ療法ではたいえん、大陵、陽池などの指圧と関節の周辺のマッサージがコカ的です。つき指の場合は指圧後、指を軽く回す運動も加えましょう。

<治療のすすめ方>

太えん

痛みと腫れがひいたら指圧やお灸で治療

<位置>

手のひら側の手首の曲がり目上の、親指寄りのところ

<治療>

手首の捻挫による痛みや腫れ、熱などひいたら、親指で小さな円を描くようにして圧迫する。お灸をするとさらに効果的です。大陵も同様に治療する。

つき指の治療

発症後はすぐに患部を冷やすこと。そして、指をしっかり伸ばし、しばらく固定しておくことが大切です。痛みと腫れがおさまってきたら、つき指した指をつまんで軽くまわしたり、のばしたり、伸ばしたまま前後に揺らしたり、手の甲全体をもんだりするとよいでしょう。

これらを入浴時などにゆっくりおこなうと、回復が早まります。

テニス肘|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2018.01.15 | Category: 未分類

今回はテニス肘について紹介したいと思います(^-^)

<症状>

テニスでスマッシュを打ったときなどに感じる、肘から手首に抜ける痛みをテニス肘といいます。このような症状の多くは、肘の関節を含む筋肉に炎症が起きている場合に見られます。これは、専門的には上腕骨外側上果炎といわれ、テニスによる腕の運動に果限らず、手をひねったり、重い荷物をもったときなどにも、同様の症状がみられることがあります。

<治療のポイント>

患部の安静と肘の温湿布が効果的です。使い捨てカイロを布でくるんで巻いたり、蒸しタオルをよういてもよいでしょう。

痛みが肘寄りにあれば手の三里、曲池を、手首寄りにあれば神門、温るなどのツボを刺激しましょう。指圧、お灸、いずれも効果がありますが、最近では専門医のもとで電気刺激(パルス通電)をよういる治療もおこなわれています。

<治療のすすめ方>

曲池

痛みがひどく、しびれのある場合はお灸をすえるとよい

<位置>

肘の曲がり目の親指側のくぼみ

<治療>

肘をしっかりつかむようにして親指をツボの位置にあてる。親指の関節を曲げて力をこめて指圧すると効果的。痛みがひどく、しびれがある場合はお灸をするとよく効く。腕全体を軽くもんで筋肉の緊張をほぐすとさらによい。

手の三里

数秒間の指圧を3~4回くり返すとひじの痛みによく効く

<位置>

前腕の親指側で、ひじの曲がり目から手先に向かって指幅2本分ほど離れたところ。

<治療>

親指の先が患者の皮膚に軽く沈むぐらいに力をこめて押す。とくに、ひじの周囲に痛みが集中している場合に用いると効果的です。

神門

手首寄りの部分に縫える痛みをしずめる

<位置>

手首の関節の手のひら側で、小指寄りの端

<治療>

親指で強めの刺激を加える。肘の周辺よりも手首寄りのほうに痛みが抜ける場合に用いるとよい。お灸も効果的。温瑠・陽池なども同様に刺激するようです。

しみ・そばかす|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2018.01.12 | Category: 未分類

今回は、しみ・そばかすについて紹介したいと思います(^u^)

<症状>

しみ、そばかすは、皮膚の色素沈着の一種で、眉毛の上、頬骨の張り出したところ、鼻の上、上唇など、日光の当たりやすいところほどよくできます。しみは何らかの病気が原因で起こる場合もありますが、自分の肌質にあわない化粧品の無理な使用など、個々の体質なものが関係しています。そばかすも、遺伝的な日光過敏体質の場合によくみられます。

<治療のポイント>

ツボ療法では、しみ、そばかすを短期間できれいにとるということは不可能ですが、体調を整えることによって、自然治癒をはやめるように促します。

まず腎ゆなど背中と腰の各ツボを指圧し、全体をマッサージします。続いて胸のだん中や腹部も同様に処置します。お灸も効果的です。太けいなど足や手の各ツボも、体調を整える効果があります。

<治療のすすめ方>

腎ゆ

からだの緊張をほぐして体調を整え、皮膚の自然治癒力を高める

<位置>

いちばん下の肋骨の先端と同じ高さのところで、背骨をはさんだ両側

<治癒>

治療者は患者をうつ伏せにねかせ、両手の親指でツボを押す。背中からここまでを順にじっくりと指圧するとからだの緊張がほぐれ、体調が整えられる。全身に活力をつける効果もあり、皮膚の自然な治癒力が高められる。

だん中

丈夫な体をつくって皮膚の異常の改善を順調にする

<位置>

左右の乳首を結んだ線のちょうど真ん中

<治療>

治療者は仰向けに寝た患者の胸の上に指先をそろえて両手を重ね、静かに指圧する。呼吸器と循環機能を整え、丈夫なからだをつくる。これによって皮膚の異常の改善も順調になるようです。

太けい

皮膚の異常を改善するツボ、根気よく刺激をつづけるのがコツ

<位置>

足の内くるぶしのすぐ後ろ側

<治療>

治療者は患者の足首を手のひらで包むようにして親指でツボをしっかり指圧する。これには体調を整え、皮膚の症状の改善を助ける効果がある。ふだんから根気よく刺激をつづけておくことがコツ。

膝の痛み|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2018.01.11 | Category: 未分類

今回は、膝の痛みについて紹介したいと思います(^-^)

<症状>

膝の曲げ伸ばしがつらく、座りにくい、膝がこわばる、重だるい、鈍痛がする。これらの症状は、リウマチ、痛風、膝に外傷を負った場合などのほか、膝関節の老化などによっても起こります。痛みをかばって歩くため、歩行姿勢が悪くなって腰に負担がかかったり、筋肉が衰えたり、ひどい場合には膝に水がたまったり、骨が変形したりすることもあります。

<治療のポイント>

膝の周囲の血行をよくして痛みをとるため、血海、足の三里、陰陵泉、承山、とく鼻、委中を指圧します。腰痛をともなうときは腰の腎ゆ、志室、大腸ゆ、足の疲れやだるさをともなうときは足の裏の湧泉などを用います。

お灸もたいへん効果があります。とくに内膝眼へのお灸を続けると、ただ痛みをやわらげるだけでなく、膝に水がたまっている場合にも膝の痛みには、外膝眼への刺激が効果的です。

<治療のすすめ方>

血海

足の血行をよくして膝の痛みをやわらげる

<位置>

膝蓋骨の内へりを指幅3本ほどあがったところ

<治療>

治療者は、仰向けに寝た患者の膝上をつかむようにして、親指でツボを強く押しもむ。これは、足の血行をよくし、膝の痛みをやわらげる効果があるようです。

とく鼻

内膝眼・外膝眼とともに用いて膝の諸症状を軽くする

<位置>

膝蓋骨のすぐ下の真ん中あたり

<治療>

親指で指圧しても、お灸をしても効果的。このツボは内膝眼・外膝眼と並んで、膝の痛みや、膝に水がたまるなどのいろいろな症状を軽くする効果があるようです。

陰陵泉

膝の痛みとすねに残っているだるさを取り除く

<位置>

膝の下、内側にある大きな骨の下のくぼみ

<治療>

くぼみに親指を食い込ませて指圧する。膝の痛みだけでなく、すねにだるさが残る場合によういるとよい。あまり痛みがひどいときは、無理に強く押さないようにする。

足の三里

足の血行を促進し、痛みとだるさをやわらげる

<位置>

向こうずねの外側で、膝下から指幅3本ほどはなれたところ

<治療>

親指でぐっと強めに指圧する。くり返しおこなうと足の血行が促進され、膝の痛みと、それにともなう足の疲れやだるさもやわらいでくるようです。

承山

押したりなでたりさすったりすると膝から下のだるさがやわらぐ

<位置>

ふくらはぎの中心線上で、健と筋肉の変わり目のところ

<治療>

うつぶせに寝た患者のふくらはぎにあるツボを、親指の腹で強めに数秒間押す。加えて委中からここまでをなでたりさすったりしていると、膝から下の重くだるい感じがやわらぐようです。

足の捻挫|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2018.01.10 | Category: 未分類

今回は足の捻挫について紹介したいと思います(^-^)

<症状>

関節の周囲を痛める捻挫は、運動や作業でひねったり衝撃を受けたときに起こりやすく、腫れてズキズキと痛むのがその主な症状です。足の捻挫は足首に起こることが最も多く、ひどい場合は患部が熱をもったり、内出血がみられたり、歩けないほどになることもあります。

<治療のポイント>

手のねんざ同様、発症後2~3日は、患部を冷やしてはれや熱がひくのを待ち、冷湿布をしたまま患部の安静を保ちます。4~5日目からは温湿布をしたり、入浴時によく関節をもむと効果があります。

ツボ療法では、血海、梁丘などのほか、膝の捻挫の場合にはとく鼻、足首の捻挫の場合には照海、こんろん、丘きょなどを中心にマッサージすると効果的です。また、お灸も毎日すえると効果があります。

<治療のすすめ方>

とく鼻

指圧よし、お灸よし、膝の諸症状を軽くする

<位置>

膝蓋骨のすぐ下の真ん中あたり

<治療>

親指で指圧しても、お灸をしても効果的。このツボは、膝の痛みなどをやわらげるのに効果的。患部の腫れや痛み、熱がひいたら、今度はその部分の保温に努め、入浴中などに少しずつもむようにする。

梁丘

膝の腫れと痛みが引いたら徐々に刺激する。

<位置>

膝蓋骨の外側から指幅2本分ほど上

<治療>

膝の部分に衝撃を受けたときに起こる捻挫のツボ。お灸も効果的です。

丘きょ

足首の捻挫の治療はこの周辺がポイント

<位置>

外くるぶしの前、下寄りのくぼみ

<治療>

解けい・照海などと並んで、足首の捻挫に効果がある。腫れや痛み、熱がひいたら、親指でかるくこねるようにもみ押すなど、徐々に刺激するのがコツ。患部を温めたり、お灸をすえるのも効果的です。