MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 肥満と痛風との関係!?|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

肥満と痛風との関係!?|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.02.02 | Category: 未分類

今回はあまり馴染みのない名前の病気「高尿酸血症」と肥満の関わりについて書きます。

 高尿酸血症は、細胞の老廃物である尿酸が増えすぎた状態ですが、肥満の合併症として

起こることの多い病気です。

 高エネルギーの食事をとり、アルコールを多量に飲む生活習慣を続けていると、肥満とともに

高尿酸血症が起きやすくなります。

 尿酸が多量に血中に存在すると、結晶化し尿酸塩という物質になります。これが関節などにたまって

いくと急性の炎症を起こします。これが痛風です!

皆さんもご存じの通り痛風になると本当に大変です。普通の生活を送れなくなりますよ。

そうなる前に食生活を改善すべきです!

皆さん、食生活には気をつけましょうねぇ☆