MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > コリンエスステラーゼ(ChE)|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

コリンエスステラーゼ(ChE)|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.04.24 | Category: 未分類

今回はコリエンスステラーゼ(ChE)を紹介したいと思います(*^_^*)

コリンエステラーゼとは

肝臓で合成されるたんぱく質で、コリンエステルがコリンと有機リンに分解されるときに触媒の薬をはたしている酵素です。

この検査でわかること

コリンエステラーゼは、肝臓で合成されて血液中に分泌されるたんぱく質なので、血液中のコリエステラーゼ値は、肝臓のたんぱく質合成能力、脂質代謝の亢進、栄養の状態を知る手掛かりになります。

基準値の範囲

検査施設によって異なりますが、東京慈恵会医科大学付属病院が採用する方法では、200~450U/Lを基準範囲としています。

要注意と危険な数値

基準範囲からはずれた場合は、高値・低値ともに肝機能の異常にかかわる疾患の存在を推測する根拠になります。

高値の場合は、脂肪肝がもっとも疑われます。一方、肝硬変など肝細胞の障害が重いほど、数値は低くなります。

コリンエステラーゼ値は個人差が大きいので、境界域という考え方を導入することはできません。

ドクターズアドバイス

コリンエステラーゼ値は、基準範囲より低い場合にも異常が生じていることを表します。農薬などによる有機リン系薬物中毒や、毒ガスとして名を知られたサリンによる中毒でも、数値が異常に低くなります。