MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > ERCP・MRCP検査|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

ERCP・MRCP検査|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.05.09 | Category: 未分類

今回はERCP・MRCP検査を紹介したいと思います(^◇^)

ERCP・MRCP検査とは

ERCPは、「内視鏡的逆行性胆管膵管造影」の省略です。

口から内視鏡を挿入し、十二指腸のファーター乳頭から胆汁の流れと逆行する形で造影剤を注入し、X線画像を得ます。

また、総胆管結石をカテーテルを用いて取り出す治療もできます。

MPCPは、内視鏡や造影剤を用いずに、MRIを利用して胆管や膵管の画像を得るものです。

MRI装置の進歩によって、従来はあまり得意ではなかった胆管や膵管の画像を得るものです。

MRI装置の進歩によって、従来はあんまり得意ではなかった胆管や膵管の映出能力が上向し、ERCPに近い映像が得られるようになりました。

ERCPに比べて、患者の負担がきわめて小さいという利点があります。

この検査でわかること

肝臓、胆道、膵臓の悪性腫瘍の診断ができるほか、総胆管結石など黄疸の原因となる疾患や慢性膵炎の診断などにも利用されます。

異常はこんな形で現れる

画像上に胆管、膵管の狭窄や中断といった異常があれば、その部分にがん、または閉塞性の疾患が生じていることがわかります。

ドクターズアドバイス

ERCP検査は、通常は入院して行ないます。当日の朝から絶食します。検査時間は30分前後で、終了後は2~3時間、安静にします。検査による合併症として急性膵炎があるため、それが生じていないかを確認するまで、さらに絶食が必要です。