MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 血清膵アミラーゼ|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

血清膵アミラーゼ|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.05.18 | Category: 未分類

今回は血清膵アミラーゼについて紹介したいと思います(^◇^)

血清膵アミラーゼとは

アミラーゼとは、ジアスターゼとも呼ばれる消化酵素で、炭水化物の分解にかかわっています。膵臓のほか、唾液線からも分泌されますが、両者は、分子構造のタイプがわずかに異なります。

アミラーゼは、その分泌組織に異常が生じると、血液や尿の中に出てきます。このうち、膵臓の障害によって血液中に出てくるが、血清膵アミラーゼです。

この検査でわかること

この検査は膵臓の異常が予測される場合などに行います。とくに急性膵臓炎、慢性膵炎が疑われるときに検査をします。

基準値の範囲

基準範囲は、18~53U/Lです。ただし、検査法により数値が異なる場合があります。

要注意と危険な数値

境界域のようなものはありません。また、数値の高さと重症度は比例しません。腎不全では見かけ上より高値に、糖尿病では低値が生じやすくなります。

ドクターズアドバイス

アミラーゼには膵型と唾液型があります。耳下腺炎、唾石など耳下腺疾患で上昇します。膵臓疾患が疑われる場合は、唾液型を含む血清アミラーゼではなく、より直接的な血清膵アミラーゼの測定が有用です。