MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 上腹部CT・MRI検査|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

上腹部CT・MRI検査|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.05.22 | Category: 未分類

今回は上腹部CT・MRI検査を紹介したいと思います(^◇^)

CT・MRI検査とは

CTはX線を利用し、MRIはラジオ波と磁気の特性を利用して、体内を断面画像としてとらえ、観察する装置です。

体に負担をかけないで、体内の形状的な異常を観察、診断することができます。

この検査でわかること

CTではその横断面の画像を、MRIでは角度にかかわらずさまざまな方向からの断面画像を得ることができますから、腫瘍の有無や広がり方などを、克明に知ることが可能です。

異常はこんな形で現われる

臓器の形に異常があれば、そのままの形で現われます。MRIの場合、角度を変化させながら観察できるため、より入念にチェックすることができます。

ドクターズアドバイス

膵がんの自覚症状は、倦怠感、食欲不振、体重減少などで、ほかの病気でもありがちなものです。そのため、初期段階での発見は困難です。膵頭部のがんなら黄疸が出やすいのですが、ほかの部分のがんではそれもないだけに、油断できません。