MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 腎盂尿管造影検査|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

腎盂尿管造影検査|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.10.04 | Category: 未分類

今回は腎盂尿管造影検査について紹介したいと思います(^◇^)

腎盂尿管造影検査とは

腎盂は腎臓の中心部にあり、腎臓から出る尿を集めて尿管へと送り出しています。

腎盂尿管造影検査は、腎臓から膀胱までの尿の経路を、造影剤を使用してX線撮影し、異常を探るものです。

造影剤を静脈から注入する方法と、膀胱鏡からカテーテルを伸ばして尿の流れと逆行するように注入する方法とがあります。

通常、静脈性腎盂造影のほうできれいな像がえられない場合に、逆行性腎盂造影を実施します。

この検査でわかること

静脈性腎盂造影では、5分ごとに時間を追ってX線撮影を行うことで、腎臓から膀胱までの形状的な異常を知ることできます。

異常はこんな形で現われる

造影剤はX線を透過しないため、白く映ります。この形状に異常があれば、腫瘍や結石を想定します。

ドクターズアドバイス

腎盂尿管造影検査は、仰向けに寝て行ないます。まず腹部のX線撮影を行い、それから造影剤を静脈に注入、5分おきなど時間を追って同様に撮影していきます。検査時間は約40分。

造影剤は通常、注射器または点滴で腕の静脈から注入します。