MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 膀胱鏡検査|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

膀胱鏡検査|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.04.15 | Category: 未分類

今回は膀胱鏡検査について紹介したいと思います(^◇^)

膀胱鏡検査とは

外尿道口から内視鏡を膀胱内に入れ、膀胱内部、尿道などを観察する検査です。

先端部からカテーテルや生検鉗子を伸ばせるしくみになっています。撮影用カメラなどとつなげて用います。

この検査でわかること

膀胱内部をじかに観察して、炎症や腫瘍、結石などの病変を確認します。必要に応じて、生検用の組織採取を行うこともできます。また、不自然な変形があれば、膀胱に隣接する前立腺あどの異常を推測することもできます。

異常はこんな形で現われる

異常は、そのままの形で肉眼視することができ、必要に応じて画像を撮影することがあります。

代表的な疾患は、膀胱腫瘍、膀胱炎、膀胱結石、膀胱憩室などです。

腫瘍の疑いがあれば、組織採取を行って、悪性か良性かを判断します。

ドクターズアドバイス

硬性膀胱鏡は金属製で、細くできているとはいえ、挿入時に苦痛をともないます。その欠点を大きく解消するのが、軟性膀胱鏡です。硬性膀胱鏡より細く、柔軟性があり、また、挿入時に行う局部麻酔の効果もあるので、痛みは強くありません。