MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 網赤血球|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

網赤血球|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.10.12 | Category: 未分類

今回は網赤血球について紹介したいと思います(^◇^)

網赤血球とは

赤血球は骨髄でつくられるが、血液中に入る前にいくつかの階段を経ます。網赤血球とは、成熟した赤血球の一段前の未熟な赤血球をいいます。

この検査でわかること

赤血球中にある網赤血球の数から、血液の生産工場である骨髄の状態がわかります。

貧血など、造血機能が関係する病気を調べる大きな手掛かりです。

○基準値の範囲

検査は赤血球に対する網赤血球の比率と網赤血球の絶対数で判定します。基準範囲は0.5~1.8%で、絶対数の基準範囲は3~10μリットルです。自動血球計数器で同時に測定できます。

要注意と危険な数値

高い数値はなんらかなの原因で赤血球が早く破壊されるために、骨髄での造血機能が亢進していることを示し、溶血性貧血などが疑われます。

低い数値は、造血機能の低下を表し、再生不良性貧血や白血病などが疑われます。

精密検査が必要な場合

基準範囲の上限を超えた数値、下限より低い数値は精密検査の対象です。

ドクターズアドバイス

網赤血球の検査は赤血球の検査の単位は、最近、百分率表記に変更されました。以前は千分率という単位をつかっており、この場合は基準範囲も10倍、つまり5~18倍となります。