MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 高尿酸血症を改善する6つのポイント|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

高尿酸血症を改善する6つのポイント|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.08.29 | Category: 未分類

今回は高尿酸血症を改善する6つのポイントを紹介したいと思います(^◇^)

1食習慣を是正する

高尿酸血症の発症は、高たんぱく・高脂肪・高エネルギーの食習慣をもつ人に多いので、まずはそれを是正しましょう。

1日の適切な食事量は、「自分の普通体重×25~30kal」で計算できます。通常は1600~1800kalが1日量になります。

ただし、動物性たんぱく質のとりすぎに注意しましょう。たんぱく質系食品の摂取量の目安は、それまで食べていた量の約70%です。できるだけ大豆製品を中心とする植物性たんぱく質に切り替え、肉や魚のとりすぎに気をつければ、動物性脂肪のとりすぎも防ぐことができます。

2肥満を解消・防止する

食習慣を是正することが、肥満の解消と防止にもなります。肥満が気になる人は、医師の指導を受けて正しい解消策を実行してください。

3野菜をたくさん食卓に

野菜や海藻には、尿酸の排泄を促す作用があります。摂取エネルギーを抑え、ビタミン類を摂取するうえでも役立ちます。

4水分を十分にとる

腎臓や心臓の機能に障害がなければ、尿酸が排泄されやすくするために水分を十分にとりましょう。1日の尿量の目安は2000mL程度です。

5節酒を実行する

アルコールは、尿酸をたくさんつくる一方、尿酸の排泄を阻害する作用をもっています。とくにビールは、それ自体にプリン体を多く含んでいますから、二重の意味でこう高尿酸血症の人にはありません。

さらに、アルコールは高エネルギーであり、肴にする食品の多くが、高エネルギー・高プリン体ですから、節酒する意味はとても大きいのです。ビールなら中びん1本、日本酒なら1合程度にとどめます。

6適度な運動を習慣に

激しい運動は尿酸値を高める要因になりますが、体に無理のない程度の有酸素運動は、体内の代謝機能を全体的に高めます。それだけでなく、高尿酸血症の合併症の予防や治療にも役立ちます。

心身の過剰なストレスは尿酸値を上昇させますから、ストレス解消のためにも運動は効果を発揮します。ウォーキングなど、手軽で長続きさせやすい運動を、日常生活に取り入れましょう。