MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 触診|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

触診|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.08.08 | Category: 未分類

今回は触診について紹介したいと思います(^◇^)

女性器の触診とは

触診とは体に手を触れて行なう検査です。医師が薄い手袋をつけ、膣内に片手の指をいれると同時に、もう片方の手を腹部に置き、間にある内性器のようすを調べます。

この検査でわかること

膣側からの触診と腹部側からの患部の間食や反応から、子宮、卵巣、卵管、膣の大きさや硬さ、さらに弾力性や腫れの有無などがわかります。

正常の範囲

検査からよく発見される病気は、子宮筋腫や頚管ポリープなどで、そのほかに子宮がんや子宮内膜症と疑われる以上がみつかることもあります。しかし、触診では新興していないと見つからない病気もあり、触診だけでは不十分です。

精密検査が必要な場合

触診や関連検査だけでは内性器の病気の特定と進行に関する診断ができないときは、子宮卵管造影、腫瘍マーカー、下腹部CT・MRI検査などを行ないます。

ドクターズアドバイス

検査前に排便・排尿をすませ、検査を受けるときは、腹筋の力を抜き、肛門をゆるめます。便秘が続いていると内診の妨げになります。また、月経中は緊急の場合以外は検査を避けます。

検査中、腰や肛門に響く痛みを感じた時は医師に知らせてください。