MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > アレルギーとアレルゲンについて知っておきたいこと|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

アレルギーとアレルゲンについて知っておきたいこと|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.07.14 | Category: 未分類

今回はアレルギーとアレルゲンについて紹介したいと思います(^v^)

「アレルギー」という言葉を病名だと思っている人がいますが、これは体が起こす過剰な反応の一種です。

○アレルギーとは、抗原抗体反応が過剰になり、本来は体内にはいっても外のないものに対してまで反応し、病的状態をつくりだしてしまうことをいいます。

アレルギーは、遺伝素因と環境変化との関係のうえに成立すると考えられています。遺伝的な体質だけで起こるケースはまずありません。

○アレルゲンは広範囲に存在している

体内に侵入してアレルギー反応を引き起こす原因となるものを「アレルゲン」と呼んでいます。

アレルゲンは、自分の体にとって”異質”なものですから、その種類は非常に広範囲に及びます。体内への侵入経路も同一ではありません。

ただし、アレルギー体質の人であっても、すべてのアレルゲンが作用するというわけではありません。

アレルゲンについては、動物性たんぱく質や花粉、家ダニ、ちりなどがよくしられています。

○アレルゲンの種類

吸入性…花粉、ちり、かび、家ダニ、フケ、動物の羽毛、煙草の煙、乗り物や工場からの排気ガス

経口性…動物性たんぱく質、そば、小麦、やまいも、たけのこ、くり、まつたけ、ほうれん草、なす

経口薬…解熱鎮静薬、サルバルサン、ペニシリン、睡眠薬、サルファ剤、水銀剤など

接触性…化粧品、化学繊維、塗料、色素、うるし、はぜ、香料、動物性繊維、油脂