MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > アレルギーのある人のホームケア|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

アレルギーのある人のホームケア|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.07.10 | Category: 未分類

今回はアレルギーのある人のホームケアについて紹介したいと思います(●^o^●)

「体質改善」は簡単なことではない

アレルギー反応は、年齢が上がるにつれ、あるいは生活環境が変わるにつれて、症状の重さや現われ方が違ってくることがあります。しかし、それがいつ、どのようにして起こるかは人それぞれで、一慨にはいえません。

また、住んでいる地域の環境がアレルギー発作の原因になっているというケースもよく見られます。

マスコミでも「体質改善の方法」といったものをよく取り上げていますが、これが有効といえるものではないのが事情です。体質は遺伝や生育環境によって形成されるものではありません。

もちろん、空気のきれいな地域への転地療法や減感作療法など、体質改善に効果的とされる方法を試みることは有意義なことですが、いずれも即効性のあるものとはいえませんし、どのようなアレルギーに対しても有効であるともいえません。

そこで現実的に求められるのは、苦しい発作が起こらないようにするための対処法です。

アレルゲンを寄せ付けないくふうをする

アレルギー発作をできるだけ起こさないようにするには、「アレルゲンを自分に近づけない」という方法がもっとも確実です。

まず確認すべきことは、自分を悩ませるアレルギー反応の原因です。自分でもある程度はわかる場合もあります。医療機関でさまざまな方法で検査を受け、正確な情報を得ることが大切です。

自分の症状がどのアレルゲンによって引き起こされるものであるかを確認すれば、対応の方法もおのずと見えてくるでしょう。その多くは、生活環境にひそんでいるはずです。ハウスダストやダニなどがアレルゲンなら、こまめに清掃し、室内の風通しをよくし、日光を取り入れてダニの増殖を抑えましょう。

花粉がアレルゲンなら、外出時はマスクやゴーグルをつける、帰宅時は花粉を室内に持ち込まないように衣服や髪をブラッシングする、洗濯物は室内に干す、などが効果的です。医師の治療を受けながら、このような日常でのくふうを積み重ねればアレルギー発作の回数や症状の程度は、ずいぶん軽減されます。