MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 高血圧症|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

高血圧症|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.10.18 | Category: 未分類

今回は高血圧症について紹介したいと思います(^-^)

<症状>最高血圧が140mHg以上、ないし最低血圧が90mHg以上の状態が持続的にみられ、ときとして、のぼせや全身のだるさをかんじるなどの症状がみられます。

肩こりや頭痛、イライラ完などを訴えるケースもみられますが、かなり症状が進むまで自覚症状がないことも多いようです。

<治療のポイント>

激しいめまいや頭痛、手元のしびれ、吐き気、胸の痛みなどがある場合は、必ず専門医のch両を受けることが大切です。それから以外の継続的なだるさ、のぼせ、首や肩こりなどについては、ひとつひとつ症状別のツボ治療をおこないます。

合谷

親指で強めに指圧して不快感・無気力感を解消

<位置>手の甲側で、親指と人差し指のつけ根の間。

<治療>治療者は患者の手首を片手で支え、もう一方の手で患者と握手するように手の甲へ親指を食いこませて強めに押す。だるさ・頭痛・頭重といった不快感、無気力感をやわらげるほか、高血圧による眼底出血の治療にも用いられる。

なかでもまず第一には、後頭部のむくみや首などのこりをぐすことがポイントになります。そして第二には、手や足の冷えを防ぎ、上半身ばかりがのぼせないようにすることです。

したがって、頭部の百会、首の天柱、天てい、手の内関、合谷、足の三里、内湧泉などが重要なツボとなります。また、そのほかにも肩井、背中のけついんゆまでと、腹部の大巨など、治療効果のあるツボがいくつかあります。

<治療のすすめ方>

百会

頭痛・頭重などの症状にはまずこのツボを

<位置>両耳をまっすぐ上がった線と眉間の中心から上がった線が交差する、頭のてっぺん。

<治療>治療者は患者の頭を両手でかかえ込み、左右の親指で静かにツボを指圧する。これによって、全身の不快な症状がやわらいでくる。とくに頭痛や頭重などをともなう症状に効果的です。

○内湧泉

こぶしでくり返したたくと血圧を下げる効果がある

<位置>足の裏、親指のつけ根のふくらみの、かかと寄りのくぼみ

<治療>こぶしで左右交互に軽く100回ずつほどたたくと血圧を下げるのに有効。治療者は患者をうつ伏せに寝かせ、足の裏を出させる。患者が自分で椅子に座っておこなってもよい。また、これと隣にある湧泉を親指でしっかり押したり、もんだりすると血行がよくなるようです。