MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 顔の痛み・三叉神経痛|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

顔の痛み・三叉神経痛|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.11.13 | Category: 未分類

今回は、顔の痛み・三叉神経痛について紹介したいと思います(^-^)

<症状>

ふだんは健康なのに、発作的にときどき顔に激しい痛みが走る病気が、三叉神経痛です。初期症状は顔の片側に鈍痛を感じる程度、ひどくなると頬から上顎、額や目のまわり、ときには後頭部から肩までの広い範囲にかけて、さすような痛みが起こります。

<治療のポイント>

痛みがひどく、顔に触れることもできないときには、首の後ろを温めてもむとやわらいできます。それから各ツボの指圧とマッサージをおこないます。

まず額から見軒、鼻すじに痛みがある場合は、せい明、陽白などを指圧します。頬から上あごの痛みは四白、巨りょう、地倉を中心に、下顎、こめかみ、耳などの痛みは下関、かんりょう、天ていを中心に指圧し、その周辺をさするようにします。痛みの軽減には手の合谷も効果的です。

<治療のすすめ方>

陽白

眉間から鼻すじへ抜ける痛みをやわらげる

<位置>

眉の中央より指幅1本分ほど上

<治療>

人差し指または親指の腹でぐっと押す。患者自身が自分でおこなってよい。ここからめがしらまでのラインをよく押しながらもむと、眉間・目・鼻すじへと抜ける痛みがやわらいでくる。

せいめい

目のまわりの痛みと不快感を取り除く

<位置>

目がしらと鼻柱の間にある骨のくぼんだところ

<治療>

指の腹で静かにもむように押す。患者自身が片方の手の親指と人差し指で鼻をつまむように押してもよい。鼻すじも含め、目のまわりの痛みをおさえてすっきりさせる。

四白

頬の痛みの緩和には少し強めのマッサージを

<位置>

目の下のコツの縁の真ん中から指幅1本分ほど下

<治療>

指の腹をおして当て、少し強めに指圧すると、頬の痛みに効果があらわれる。これに加えて頬全体と目じりから耳、唇の幅までをマッサージすると、下まぶたや上唇の痛みも緩和される。