TEL

Blog記事一覧 > 未分類 > 慢性気管支炎|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

慢性気管支炎|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2018.01.27 | Category: 未分類

今回は慢性気管支炎について紹介したいと思います(^u^)

<症状>

気管支に炎症が起こり、むせるようなせきとたんがからんで、息苦しさを訴えるのが主な症状です。ひどい場合は血たんを吐くこともあります。

気管支炎は、かぜをこじらせたときなどにかかりやすい病気ですが、空気の汚れやタバコの水杉などが影響することもあり、慢性化すると、なかなか治りにくいものです。

<治療のポイント>

胸の痛みや息苦しさ、せき、たんをしずめることにポイントを置きます。

大椎、肺ゆ、けつ陰ゆ、心ゆの指圧は背中の緊張をほぐし、息苦しさをやわらげます。胸のだん中、中府、みぞおちの巨けつ、のどの天突も息苦しさをしずめます。加えて腰の腎ゆ、志室を指圧して全身の活力を高めます。孔最など手の各ツボを刺激すると、せき、たん、のどの症状に効果的です。

<治療のすすめ方>

だん中

呼吸器系の症状によく効き胸のくるしさ・胸の痛みをやわらげる

<位置>

左右の乳首を結んだ線の真ん中。

<治療>

治療者は、仰向けに寝た状態の患者の胸の真ん中に両手を重ね、中指の先でくり返し指圧する。呼吸器系の病気全般に効果の高いツボ。胸の痛みをともなう場合には、背中の肺ゆなどとあわせて指圧するとよい。

肺ゆ

ゆっくりじっくり指圧すると呼吸が楽になってくる

<位置>

肩甲骨の内側で、背骨をはさんだ両側のあたり。

<治療>

治療者は、うつぶせにねかせた患者の背中に両手をつき、親指で左右のツボを同時におす。ゆっくり、じっくり押すのがコツ。背中の緊張がほぐれ、呼吸が楽になるようです。

孔最

せきをしずめる側効性が高いツボ 

力をこめてもむように指圧を

<位置>

前腕部手のひら側の親指側で、前腕部をひじから見て3分の1ぐらいのところ

<治療>

親指でぐっとつかむように力を入れる。激しいせき込みが起きたときに、ここをしばらくもむようにおしていると、しずまることが多い。せき・たんをしずめるほかに、胸苦しさをやわらげる効果もあるようです。