Blog記事一覧 > 未分類 > こむら返り|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

こむら返り|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2018.01.05 | Category: 未分類

今回は、こむら返りについて紹介したいと思います(^-^)

<症状>

突然、ふくらはぎがひきつって、飛び上がるほどの痛みと、筋肉のけいれん・硬直が起こります。長い時間座っていて立とうとしたときや、水泳などの運動の最中など、筋肉のけいれん・硬直が起こります。長い時間座っていて立とうとしたときや、水泳などの運動の最中など、筋肉の疲れや冷えが原因となって起こることが多いようです。

<治療のポイント>

軽い症状の場合は片手でしっかり足全体を床に固定し、もう一方の手で痛むほうの足の親指のつけ根をゆっくりクルクルと何回もまわします。これで痛みがおさまってきたら、足首も同様にまわします。続いて湧泉や太けい、陰陵泉、足の三里などを指圧します。足に続く神経の集まっている腰の膀胱ゆなどの各ツボの指圧も有効です。けいれんがゆるんできたら、いん門、委中、承筋、承山などを指圧します。こむら返りを起こしやすい人は、これらのツボにふだんから指圧やお灸をしておくと効果があります。

<治療のすすめ方>

膀胱ゆ

坐骨神経のけいれんをしずめこむら返りの治療に効果

<位置>

臀部の平らな骨にある上から2番目のくぼみの指幅1本分ほど外側

<治療>

治療者はうつ伏せに寝た患者の腰に両手のひらをつき、お尻を抱えるようにして左右のツボを親指で思い切ってぐっと押す。このツボは、坐骨神経の通り道にあるので、足腰のけいれんをやわらげる効果があり、こむら返りにもよく効く

足の三里

こむら返りを起こしやすい人はふだんからここを刺激していると効果的

<位置>

向こうずねの外側で、膝の下から指幅3本分ほど離れたところ

<治療>

親指でぐっと強めに指圧する。こむら返りを起こしやすい人は、ふだんから承筋・承山と並んでこのツボを刺激しておくとよい。指圧でもお灸でも効果がある。

承筋

けいれんがおさまったらこのツボを押す

<位置>

ふくらはぎの中心線上で、かかとと膝の後ろの中間あたり

<治療>

発症後しばらくして、ふくらはぎのけいれんがある程度おさまって、ふくらはぎのけいれんがある程度おさまってきたら、うつ伏せに寝た患者のふくらはぎにあるツボを、親指の腹でゆっくりとくり返し押す。痛みがひいていなければ、なでるだけでもよい。こむら返りが起きやすい人は、ふだんからここを刺激しておくとよい。