MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 小児ぜんそく|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

小児ぜんそく|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.12.02 | Category: 未分類

今回は小児ぜんそくについて紹介したいと思います(^-^)

<症状>

発作的にせきが出て呼吸がくるしくなり、ゼイゼイ、ヒューヒューとのどが鳴るなどが主な症状です。アレルギー体質の子供や、かぜをひきやすくなおりにくい虚弱体質の子供に多くみられます

<治療ポイント>

ぜんそく発作のときは、首の天柱、手の孔最やきょう白をもみ押すとせきがおさまってきます。手をお湯で温めるだけでも効果があります。アレルギー体質なら首のつけ根の大椎に刺激を与えるのもよいでしょう。さらに、のどの人迎、天突、胸の上方の中府、背中の肺ゆ、腰の腎ゆなどを軽く押さえると効果的です。

指圧やマッサージも効きますが、根気よくお灸をすえるとさらに効果があがります。ただし、子供のお灸は熱くない方法を選ぶなど、十分注意しておこないましょう。

<治療のすすめ方>

中府

長引くせきをしずめ息苦しさをやわらげる

<位置>

鎖骨の下で、第2肋骨の外側と肩の関節の間のくぼみ

<治療>

治療者は、仰向けに寝かせた子供の両肩をつかむようにして、親指でやさしくもみほぐす。呼吸器系の症状に効果があり、ひどいせきや息苦しいさをやわらげる。手の孔最もあわせて用いるとさらに効果的です。

天突

気道をゆるめてせきをしずめるツボ苦しくないように注意して指圧する

<位置>

胸骨の上端にあたる、差湯の鎖骨の間のくぼみ

<治療>

のどもとから胸骨の方へ指で軽く押しこむように指圧する。くれぐれも、子供が苦しくならないように力を加減すること。これによって気道がゆるみ、せきをしずめることができるようです。

肺ゆ

背中の緊張をほぐし、呼吸器系の症状に効くツボ

<位置>

肩甲骨の内側で、背骨をはさんだ両側のあたり

<治療>

治療者はうつぶせに寝た子供の背中に両手のひらをつき、左右のツボを同時に軽く押す。これは、背中の緊張をほぐして呼吸器の機能を整える効果があり、前側による呼吸困難・胸苦しさなどをやわらげるようです。