Blog記事一覧 > 未分類 > つわり|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

つわり|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.12.12 | Category: 未分類

今回は、つわりについて紹介したいと思います(^-^)

<症状>

妊娠2~4カ月ごろ、妊娠にともなう生理的な反応として起こる症状です。気分がすぐれず、吐き気、嘔吐、食欲不振などを訴えるケースが際も多いようですが、人によっては食べ物の好みが変化したと感じたり、それがつわりだとはまったく感じないほど軽いこともあります。

<治療のポイント>

健康的に妊娠が持続できるよう、全身の機能の調整をはかることを目的とします。背中の肝ゆ、胃ゆ、脾ゆの指圧は、胃腸の機能を整えるので、嘔吐や食欲不振に効果があります。のどの気舎、天てい、首の後ろの天柱などを指圧すると、こみあげる吐き気もしずまります。

腹部の中かんとその周辺の各ツボも胃腸の機能を整えます。強い刺激を避け、やさしく指圧するとよいでしょう。足のツボも全身の調整をはかるので、よくもみ押しておきます。

<治療のすすめ方>

天柱

妊娠初期によくみられる、だるさと気分の不快感をとる

<位置>

首の後ろの髪の生えぎわにある、2本の太い筋肉の外側のくぼみ

<治療>

治療者は、患者の頭を後ろから両手で包み込むようにし、親指でこねるようにツボをもみ押す。よくもみほぐすと、妊娠初期特有のだるさと気分の不快感がやわらぐ。こみあげてくる吐き気には、首の天てい、のどの気舎の指圧を用いるとよい

胃ゆ

背中の緊張をほぐし、胃の痛みと重苦しさをやわらげる

<位置>

背中の中央からやや下で、背骨をはさんだあたり

<治療>

治療者はうつ伏せに寝た患者の背中に両手のひらをつき、左右のツボを親指で同時にやや力をこめて押す。これによって背中の緊張がほぐれ、胃の機能が整えられるので、食欲不振が開腹に向かうようです。

中かん

ごく軽いマッサージと併用して健康な食欲を取り戻す

<位置>

腹部の中心線上で、みぞおちとおへその中間あたり

<治療>

消化機能を整えるのに大切なツボ。治療者は、仰向けに寝た患者の腹部に指先をそろえて両手を重ねる。患者が息を吐くのに合わせて軽く押さえる。続けて腹部マッサージへとなめらかに移る。消化機能を整え、健康な食欲を呼び戻すのに効果的です。