MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 膵臓はこんな働きをしている|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

膵臓はこんな働きをしている|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.05.17 | Category: 未分類

今回は膵臓の働きを紹介したいと思います(^◇^)

膵臓は体の奥の方で、2つの大役を担ってる

膵臓は、長さ10~15cmほどの臓器で、胃と十二指腸に囲まれるようなかっこうで位置しています。そして、栄養素を分解する各種の消化液を分泌するため、膵管が十二指腸のファーター乳頭という出口へと通じています。

膵臓全体は、十二指腸に近い方から順に、頭部、体部、尾部というように分類されていますが、外見上は、はっきりとそのようにわかれているわけではありません。

膵臓はそれほど大きな臓器ではありませんが、じつにさまざまな役割を果たしています。その役割は、外分泌機能と内分泌機能に大別されます。

栄養素を分解する酵素やインスリンなどのホルモンを分泌する

主な外分泌機能は、消化酵素などの十二指腸への分泌です。分泌される消化酵素は、

①炭水化物分解酵素

②たんぱく質分解酵素

③脂質分解酵素

三大栄養素と呼ばれる炭水化物、たんぱく質、脂質のすべての消化にかかわる物質を分泌しているということになります。

内分泌機能は、膵臓内に無数に分布する、ランゲルハンス島という組織が担っています。ここのα細胞からは血糖値を上昇させるグルカゴンというホルモンが、またβ細胞からは血糖値を低下させるインスリンというホルモンが、それぞれ分泌されています。

血糖値の維持、調整は、私たちの生命維持や活動エネルギーの代謝に直結するもので、栄養素の消化にかかわるのと同等の重要性をもっています。