MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 低HDLコレステロール血症を改善するには|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

低HDLコレステロール血症を改善するには|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.09.09 | Category: 未分類

今回は低HDLコレステロール血症を改善について紹介したいと思います(^-^)

総コレステロール値が正常でも安心できない

かりにHDLコレステロール値が基準範囲を下回っていても、総コレステロール値が基準範囲に入っていれば心配する必要はないと考えている人がいますが、それは誤りです。

HDLコレステロール値が低いことは、血管内にある余分なコレステロールを回収する能力が低下していることを意味しています。また、総コレステロール値が低すぎるためというケースもあります。この場合は、LDLコレステロール値が低ければ、動脈硬化が進行する危険性が高いので、しっかりした対応が必要になります。

動物性脂肪と糖質のとり方に注意する

食事内容を考えるときに第一に心がけたいことは、コレステロールの多い食品をとりすぎないことです。

HDLコレステロール値が低いのですから、食事によって体内に入るコレステロールの量を減らし、血管内でのコレステロールの蓄積を少しでも防ぐことが大切です。コレステロールが多いには、卵黄、霜降りの牛肉、豚ロース肉などで、動物性脂肪が要注意なのです。動物脂肪と植物性脂肪の望ましい摂取比率は1対2です。

次に大切なのは、糖質の摂取量を適切なレベルに抑えることです。糖質のとりすぎは、中性脂肪の増加につながるだけでコレステロールは関係がないように思われがちですが、そうではありません。

これまでの多くの研究では、高中性脂肪血症や肥満、糖尿病など、糖質の摂取との関係の深い病気に、低コレステロール血症の悪化を助長するだけです。ましてや、すでにそのような病気になっている人は、正しい食事療法に取り組む必要があります。

喫煙者はぜ禁煙を

禁煙がHDLコレステロール値を下げることもわかっています。低HDLコレステロール血症と診断された人は、是非とも禁煙を決意してください。

禁煙が血管を収縮させ、血流を阻害することはよく知られています。それにHDLコレステロールのいっそうの低下が加われば、動脈硬化やそれに起因するさまざまな病気を呼び寄せているようなものです。

次に、飲酒の習慣についてですが、アルコールにはHDLコレステロールを増加させる作用があることがわかっています。ある報告によると、長期間にわたる飲酒習慣がある人のケースで、ビール大びん1本程度で5~10mg/dLの上昇があるそうです。

ただし、飲酒の習慣は脂質異常症の人にはすすめられません。摂取エネルギー過多になって肥満を助長し、プラス面よりマイナス面のほうがずっと大きいのです。