MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 関節リウマチはこんな病気|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

関節リウマチはこんな病気|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.07.05 | Category: 未分類

今回は関節リウマチについて紹介したいと思います(^◇^)

関節リウマチについては、わが国に少なくとも100万人以上の患者がいるというポピュラーな病気です。

原因がはっきりわかっていない

なぜこのような病気が起こるのかは、まだはっきりとはわかっていません。

新しい診断基準

近年、発症早期から強力な抗リウマチ薬で治療を開始すれば、関節の破壊を抑えられることが明らかにされ、早期診断の重要性が注目されるようになってきました。そのため、2010年の米国リウマチ学会において欧州リウマチ学会と共同作成による、新しい関節リウマチ患者もいれば、この基準もあくまで分類基準ですので、この基準には関節リウマチでない症例もありえます。

なお、全身性エリテマトーデスや強皮症、痛風などのはか、適切な検査をしなければ関節リウマチと診断するのが難しいケースもあります。

関節部の異常が主症状だということで、病変に気づいた患者さんはたいていの場合、整形外科に訪れますが、基本的には内科的な病気です。総合病院などでの診察や治療は、各科と連帯しつつ、内科主導で行なわれるのが一般的です。

関節リウマチの治療のし方は

薬物療法や、リハビリテーションで症状や病気の進行を抑えるという方法のほか、必要なときは関節の手術が行なわれます。

関節リウマチの診断がついたら、できるだけ早期に免疫の異常に対して働く抗リウマチ薬を使い、効果が不十分なら生物学的製剤と呼ばれる種類の薬も使用します。炎症や関節の破壊を強く抑えるという方針で薬が選ばれています。

また、炎症による腫れや痛みを抑えるために、非ステロイド性抗炎症薬やステロイドが使用されます。腫れや痛みが強いときは、安静第一とします。患部を含め、全身を冷やさないことも大切です。

関節リウマチは、中年女性の発症が多いのですが、それは主婦におおいということであります。

主婦の患者は痛みを我慢して家事や育児をこなすケースがよくありますから、家族などの周囲の人たちは、この病気のことを理解し、ゆっくり静養させてあげるようにしてください。

安静第一とはいっても、長時間、患部を動かさないでいると、その部分の関節が固まったり、動かす筋肉が衰えたりして、不自由になってしまいます。ひどくなると寝たきりの状態になることもあります。