TEL
TEL

腹部血管造影検査|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院 | 大和高田市・葛城市・高田市駅 ふれあい鍼灸整骨院

Blog記事一覧 > 健康のマメ知識 > 腹部血管造影検査|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

腹部血管造影検査|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.05.10 | Category: 健康のマメ知識

今回は腹部血管造影検査を紹介したいと思います(^◇^)

腹部血管造影検査とは

肝臓や消化器などの動脈血管を重点的に調べるもので、腹部動脈造影検査を重点的に調べるもので、腹部動脈造影検査とも呼んでいます。

造影剤を注入するカテーテルは、足の付け根の鼠径部から大腿動脈に挿入し、適切な場所まで押し入れてきます。そこで造影剤を注入し、コンピューター画像化して、写真撮影を行います。

腫瘍など見つかれば、薬を直接注入し、施術することも可能です。

この検査でわかること

動脈の形状的な異常から、腫瘍の有無や良性・悪性の判別、病気は、肝、胆管、胆のう、膵臓などのがん、消化管出血などです。場合によっては施術を行うことができます。

異常はこんな形で現われる

腫瘍部で血流が豊富になるので、画像上では血管が固まったように見えます。

そのほかに、出血の状態や血管の位置などの異常も明瞭に観察できます。

ドクターズアドバイス

検査後は、カテーテルを抜いた部分から出血する危険性があるため、丸一日はベッドの上で安静にしていなければなりません。

そのときは、感染を予防する意味で、抗菌薬点滴も行われます。