TEL
TEL

Blog記事一覧 > 鍼灸施術 > 胆石症・胆のう症|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

胆石症・胆のう症|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2018.02.03 | Category: 鍼灸施術

今回は胆石症・胆のう炎について紹介したいと思います(^-^)

<症状>

胆石症は、右肋骨下ないしみぞおちに重苦しさがあって痛むので、軽い場合は胃潰瘍などと勘違いしやすい病気です。しかしひどくなると、発作的な激痛に嘔吐や吐き気、冷や汗、発熱などをともない、黄疸症状が出る場合もあります。

胆石があると胆のう炎を起こしやすく、逆に胆のう炎の場合に胆石ができやすいともいわれます。

<施術のポイント>

胆石を取り除くには、専門医による施術が必要です。ツボ療法では、痛みなどの症状の軽減に努めます。まず背中の胆ゆ、肝ゆを指圧して背中の緊張をやわらげます。体力増強には腰の腎ゆも加えるとよいでしょう。

腹部の期門、日月は胆のうの位置にある重要なツボ。巨けつ、天枢、大巨はおなかの張りをやわらげます。痛みが激しいときは、足の丘きょ、陽陵泉、三陰交、手の三里、内関の刺激が効果的です。

<施術のすすめ方>

胆ゆ

胆のうの機能をよくするツボ、肝ゆ・腎ゆの指圧を加えると効果が増す

<位置>

背中の上下真ん中ぐらい、背骨をはさんだ両側あたり

<施術>

施術者はうつぶせに寝たお客の背中に両手のひらをついて親指で指圧する。はじめは軽く、だんだん力をこめて3から5秒押す。これは胆のうの機能をよくするツボで、すぐ上の肝ゆや腰の腎ゆも同様に指圧すると効果が増す。

日月

胆のうの張りと痛みを緩和する大切なツボとくに右側を丹念に施術する

<位置>

第9肋骨の内側にある期門というツボのすぐ下あたり

<施術>

お客を仰向けに寝かせ、両手の親指で軽く肋骨の下がくぼむ程度に指圧する。日月と期門は胆のうの位置にある大切なツボで、とくに右側を丹念に施術するとよい。みぞおちの巨けつからこのツボのあたりまでをマッサージするとさらに効果的です。

丘きょ

胆石症発作の特効ツボ、応急処置として痛みをやわらげる

<位置>

外くるぶしの前方下寄りのくぼみの中

<施術>

胆石症の発作で腹部が痛んだとき応急処置としてこのツボを親指で強めに押すといたみがやわらぐ。ふだんから、こまめに指圧やお灸で刺激していると胆のうの機能調整によい。