MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 尿素窒素(BUN)|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

尿素窒素(BUN)|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.09.30 | Category: 未分類

今回は尿素窒素について紹介したいと思います(^◇^)

○尿素窒素とは

体内でつかわれたたんぱく質の老廃物が尿素窒素です。肝臓から排出されて、腎臓を経て尿とともに排泄されます。

○この検査でわかること

腎臓に障害が起こると血液中のBUN濃度が上昇します。これは、腎機能低下により尿中へ排泄量が少なくなってしまうためです。ただし、BUNは、高たんぱく食や脱水など、ほかの原因でも上下しやすいので、クレアチニンの値と比較しながら診断することがしばしばあります。

○基準値の範囲

基準範囲は8~20mg/dLまでが要注意範囲です。

食事や生理的なことでも変動しますが、そうした要因がなさそうなら、再検査やそのほかの関連検査を実施し、原因を把握します。数値がそれをさらに上回る、あるいは基準範囲を下回っていたら、いろいろな疾患の存在を考えます。

○ドクターズアドバイス

尿素窒素の数値は、クレアチンとともに、腎機能を反映します。ただし、尿素窒素は、食事からのたんぱく質摂取量や下痢、嘔吐、発熱、ハードな運動などの影響を受けて高くなることがあります。クレアチンはそのような影響は受けて高くなることがあります。クレアチニンはそのような影響は受けません。