MAP
TEL
MENU

Blog記事一覧 > 未分類 > 神経症状|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

神経症状|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.11.28 | Category: 未分類

今回は、神経痛について紹介したいと思います(^-^)

<症状>

不安感、虚脱感、イライラ、不眠、気分の持ち込みなどといった精神状態に加え、食欲不振、動悸、息切れ、胸苦しさ、体のふらつき、頭痛・頭重など、人によって多種多様な症状がみられます。

体質にもよりますが、多くの場合は心の悩みや精神的ストレスなどが原因で起こります。

<治療のポイント>

原因となる心の悩みがはっきりしていれば、これを取り除くことです。ツボ療法では心身の疲れをとり、体調を整えて心の症状が起こりやすい体質の改善をはかります。

全身の緊張をほぐすためには、肩井、心ゆ、けつ陰ゆなどの各ツボをよくもみ押します。胸のだん中、鳩尾、腹部の中かん、大巨は力の加減に注意して指圧し、続いて手の神門、足の各ツボをくり返しもみ押すと、気持ちがおちついてきます。

<治療のポイント>

肩井

このツボをよくもみほぐすと全身の緊張がやわらぐ

<位置>

治療者は患者の肩をつかむようにして、親指で強めに押してもみほぐす。全身の緊張をほぐすこうかがあるので、できるだけ念入りにおこなう。背中のツボとあわせて用いると、より効果的です。

鳩尾

患者の呼吸に合わせた指圧で気持ちを落ち着かせる、ねむれないときにも効果的です。

<位置>

みぞおちの上方、胸骨の下端の少し下

<治療>

治療者は、仰向けに寝た患者のみぞおちの上方を両手の親指で指圧する。患者の呼吸に合わせておこなうのがコツ。これにより、気持ちが落ち着いてくる。眠れないときは、寝床で深呼吸しながら自分で軽く押したり、「の」の字を描くようになでたりするとよい。

神門

ドキドキ、イライラする気分をしずめる効果がある

<位置>

手首の関節の、手のひら側の小指寄りの端

<治療>

親指で強めの刺激を加える。不安感からドキドキ、イライラしたり、なんとなく落ち着かない気分になったりした場合に、それをしずめる効果がある。精神的負担がある場合の胸苦しさもやわらいでくれるようです。