TEL access

ホーム > Blog記事一覧 > 機能 | 大和高田市・葛城市 | ふれあい鍼灸整骨院の記事一覧

呼吸機能検査|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.02.15 | Category: 健康のマメ知識

今回は呼吸機能検査について書いていきたいと思いますねぇ☆

【呼吸機能検査とは】

肺の容積や、空気を肺に出し入れする換気機能のレベルを調べる検査です!

多くの項目がありますが、一般的に行われているのはスパイロメーターという計測器を用いる検査です!

【この検査でわかること】

呼吸器系疾患の有無、その重症度などを知る事ができます。

◆基準値の範囲

 「%肺活量」は80%以上、「1秒率」は70.0%以上が基準範囲となります!

◆要注意と危険な数値

 %肺活量が80%未満の場合は肺容積の縮小、あるいは伸展性の低下が考えられます。

一秒率が70%未満の場合は、または肺年齢が実年齢より高い場合は、空気の排出障害

とくに慢性閉塞性肺疾患が疑われます(;´Д`)

%肺活量、1秒率がともに低い数値を示す場合は、混合性換気障害が疑われます!

混合性を示すケースとしては、肺気腫などが挙げられます(・ω・)ノ

甲状腺機能低下症|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.02.08 | Category: 健康のマメ知識

【甲状腺機能低下症】

甲状腺ホルオン不足からさまざな症状が起こります!

甲状腺ホルモンが減少する理由としては、下垂体前葉の機能低下や

甲状腺炎による場合もありますが、実際には多くが原因不明です|д゚)

機能低下が著しく進んで、皮膚の下部の真皮にむくみが起きる場合を粘液水腫といいます!

 

【寒気や体重増加、むくみなど、機能亢進症とは逆の症状が起こる】

甲状腺は同じように腫れますが、自覚症状は機能亢進症と正反対の形であらわれます!

寒がりになり、汗は少なくなるほか、体重は増加して便秘気味になります((+_+))

思考力が鈍ったり、気力が低下して一日中うつらうつらしていることもあります!

多くの場合、全身にむくみを生じます!

 

【内科的施術によるホルモンの投与が欠かせない】

不足する甲状腺ホルモンを補給する内科療法が主になります!

長期にわたってホルモン療法が必要になりますが、ホルモン療法が

ホルモン投与によって不快な症状は比較的早く軽減されます!

 

※甲状腺が大きくなる病気には、慢性甲状腺炎や甲状腺腫瘍などがあります

 慢性甲状腺炎では、甲状腺が徐々に腫れて固くなります|д゚)

甲状腺腫瘍では、腫れが大きくなると気管が圧迫されることもあります((+_+))

そんな時は専門医の施術をうけましょう☆