TEL access

ホーム > Blog記事一覧 > 関節リウマチ | 大和高田市・葛城市 | ふれあい鍼灸整骨院の記事一覧

関節リウマチ|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2018.01.19 | Category: 鍼灸施術

今回は関節リウマチについて紹介したいと思います(^-^)

<症状>

朝起きたときに指がこわばって動かしにくい、手足がしびれる、といった症状に始まり、やがて関節の痛みが小さい関節から大きい関節へと広がります。

さらに、なんとなくからだがだるい、食欲がない、よくねれないといった全身症状から、手足が冷える、腰痛、便秘、貧血などの症状もみられるようになります。

<施術のポイント>

痛む関節の周囲のツボを中心に、力のいれすぎに注意しながら指圧とマッサージをおこないます。ひじの曲池、ひじの曲沢、尺沢、手首の陽けい、陽池、太えん、大陵、膝の内膝眼、外膝眼、足首の解けい、太けいなどは、とくに効果があります。

全身症状をやわらげるためには、背中の肝ゆと脾ゆに指圧します。これらのツボを丁寧に指圧し、マッサージも併用することは、全身の血液循環を整えることにつながり、施術の大切なポイントとなります。お灸も効果的です。

<施術のすすめ方>

太えん

指のマッサージと併用して手のこわばりをやわらげる

<位置>

手のひら側の手首の曲がり目、親指寄りのところ

<施術>

親指の関節を直角に曲げて、グリグリとツボを指圧する。手のだるさやこわばり、関節の痛みなどをやわらげる。続けてお客の親指から小指までを順によくもむと、さらに効果がある。

大陵

陽池とともに指圧を習慣づければ指が楽に動かせるようになる

<位置>

手首の手のひら側の中央

<施術>

親指の関節を直角に曲げてツボを指圧する。起床時に手の甲側の手首の中央にある陽池もあわせてもみ押す習慣をつけると、こわばりがすぐにとれ、指が楽に動かせるようになる。

尺沢

前腕部から肘にかけての不快な症状をやわらげる

<位置>

肘の内側の曲がり目の中央にある、かたいすじの親指側

<施術>

親指の先がお客の手の皮膚にしずむようにかけての痛みとこわばり・不快感をやわらげる効果があるため、慢性関節リウマチの施術に用いられる。

解けい

指圧でこわばりがほぐれたら足首の曲げ伸ばし運動を

<位置>

足首の前頭中央あたり

<施術>

施術者はお客を仰向けに寝かせ、お客のかかとを手のひらで包むようにして、親指でツボを指圧する。これによって足首の痛みとこわばりがほぐれたら、足首を上下に曲げ伸ばす運動もおこなうとよい

関節リウマチはこんな病気|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.07.05 | Category: 健康のマメ知識

今回は関節リウマチについて紹介したいと思います(^◇^)

関節リウマチについては、わが国に少なくとも100万人以上のお客がいるというポピュラーな病気です。

原因がはっきりわかっていない

なぜこのような病気が起こるのかは、まだはっきりとはわかっていません。

新しい診断基準

近年、発症早期から強力な抗リウマチ薬で施術を開始すれば、関節の破壊を抑えられることが明らかにされ、早期診断の重要性が注目されるようになってきました。そのため、2010年の米国リウマチ学会において欧州リウマチ学会と共同作成による、新しい関節リウマチお客もいれば、この基準もあくまで分類基準ですので、この基準には関節リウマチでない症例もありえます。

なお、全身性エリテマトーデスや強皮症、痛風などのはか、適切な検査をしなければ関節リウマチと診断するのが難しいケースもあります。

関節部の異常が主症状だということで、病変に気づいたお客さんはたいていの場合、整形外科に訪れますが、基本的には内科的な病気です。総合病院などでの診察や施術は、各科と連帯しつつ、内科主導で行なわれるのが一般的です。

関節リウマチの施術のし方は

薬物療法や、リハビリテーションで症状や病気の進行を抑えるという方法のほか、必要なときは関節の手術が行なわれます。

関節リウマチの診断がついたら、できるだけ早期に免疫の異常に対して働く抗リウマチ薬を使い、効果が不十分なら生物学的製剤と呼ばれる種類の薬も使用します。炎症や関節の破壊を強く抑えるという方針で薬が選ばれています。

また、炎症による腫れや痛みを抑えるために、非ステロイド性抗炎症薬やステロイドが使用されます。腫れや痛みが強いときは、安静第一とします。患部を含め、全身を冷やさないことも大切です。

関節リウマチは、中年女性の発症が多いのですが、それは主婦におおいということであります。

主婦のお客は痛みを我慢して家事や育児をこなすケースがよくありますから、家族などの周囲の人たちは、この病気のことを理解し、ゆっくり静養させてあげるようにしてください。

安静第一とはいっても、長時間、患部を動かさないでいると、その部分の関節が固まったり、動かす筋肉が衰えたりして、不自由になってしまいます。ひどくなると寝たきりの状態になることもあります。

関節リウマチのツボ(手編)|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2016.11.19 | Category: 鍼灸施術

今回も続きまして、関節リウマチのツボを紹介したいと思います。

今回は手編という事で手関節などに痛みやこわばりがある方のツボを紹介したいと思います!

まずは、おさらい文章から

『関節リウマチの方の症状は

朝起きた時に指がこわばって動かしにくい、手足がしびれる、といった症状から

関節の痛みが小さい関節から大きい関節まで出現したりしてきます。

リウマチの方は、日々こういった症状と付き合っていかなければならず

見た目は普通でも本人にとっては日常生活に非常に影響がでてきます。

そんな方に、少しでも症状が補助的に軽減されやすいツボを紹介したい思います(*^▽^*)』

【大陵】タイリョウ

場所は、手首の手のひら側の中央です。

指圧を習慣ずければ、指が楽に動かせるようにもなってきます(*^▽^*)

注意事項としては、強くもみほぐし過ぎないように気をつけてくださいねぇ!!

 

 

 

TEL:0745-51-3161 〒635-0835 奈良県大和高田市片塩町12-11 大和高田市片塩町の『ふれあい鍼灸整骨院』・大和新庄・葛城市・橿原市・御所市・香芝・広陵町の交通事故施術、頚・肩・腰施術の事なら、お任せください! 首・肩凝り・ぎっくり腰・五十肩・膝痛・ムチ打ち・腱鞘炎・耳鳴り・目の疲れ・椎間板ヘルニアによるシビレ・冷え性・骨盤矯正ふれあい鍼灸整骨院におまかせください(*^_^*)

関節リウマチのツボ(足編)|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2016.11.17 | Category: 鍼灸施術

関節リウマチの方の症状は

朝起きた時に指がこわばって動かしにくい、手足がしびれる、といった症状から

関節の痛みが小さい関節から大きい関節まで出現したりしてきます。

リウマチの方は、日々こういった症状と付き合っていかなければならず

見た目は普通でも本人にとっては日常生活に非常に影響がでてきます。

そんな方に、少しでも症状が補助的に軽減されやすいツボを紹介したい思います(*^▽^*)

【脚編】

太谿(たいけい)

場所は、足の内くるぶしのすぐ後ろ側です!

 

リウマチによる足関節周りのこわばりなどある方は一度試してみてくださいね~(*^▽^*)