TEL access

大和高田市の交通事故施術なら『ふれあい鍼灸整骨院』にお任せください

2017.12.20 | Category: 交通事故施術

こんにちは☆

 段々と寒い日が多くなってきた今日この頃、

これからどんどんと日が沈んで暗くなってくるのが早くなっていき、この時期は交通事故が増えていきます。

交通事故でのケガは侮ってはいけません!

交通事故にあったら、軽い症状でも後から色々な病状が出てくる事があります(‘ω’)ノ

油断せずにしっかり施術をしていきましょう☆

 

【大和高田市のふれあい鍼灸整骨院による、交通事故の怪我の特徴解説(●´ω`●)】

 

交通事故のケガは普段の症状より、違和感・痛みが残りやすく、

症状も長引く事が多くあります!

  症状が長引く原因としては

☆突然の不意打ちの衝撃が多いので軽い衝撃でも身体に負荷がかかる  

 2.衝撃に耐えようと防御反応で身体の筋肉が硬直する 

3.そもそも衝突の衝撃が強い などの原因があります。

 

そして大きな特徴として

  1.事故直後は興奮状態で痛みにきずかない事が多い  

 2.数日後に痛みが出てくる場合が多い。  

 3.一瞬で神経にキズがつくため、違和感・痛みが取れにくい。  

 4.症状の回復に波があり、緩解・悪化を繰り返しながら徐々に回復していく。   

5.数か月、数年後に違和感・痛みを感じることがある。

交通事故による症状には、以上のような特徴があるため、その場で身体の状態は大丈夫と

判断せず、しっかり交通事故施術をしていくようにしましょう☆

 

大和高田市にある、ふれあい鍼灸整骨院では専門の交通事故施術も行っています!

交通事故にあって身体の症状や、その他ご相談などある場合は気軽に

ふれあい鍼灸整骨院に御来院くださいねぇ(^^)/

慢性肝炎|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.12.20 | Category: 鍼灸施術

今回は、慢性肝炎について紹介したいと思います(^-^)

<症状>

軽いものでは自覚症状がすくない場合が多く、症状がみられたとしても、だるい、疲れやすい、おなかが張る、あまり食欲がわかないなどという程度です。しかし悪化すると黄疸、発熱、むくみなどが出て、肝硬変に移行する場合もあるので、専門医による施術を受けることが大切です。

<施術のポイント>

東洋医学では、「肝腎かなめ」「肝胆相照らす」という言葉にみるとおり、肝臓と腎臓、胆のうの機能がいかに大切であるかを強調しています。したがって、肝臓の病気の施術は、肝臓、腎臓、胆のうの病気の施術は、肝臓、腎臓、胆のうの機能を高めるには、期門など腹部の各ツボの指圧とマッサージが効果的です。また、手足の各ツボのうちれい構と太衝は肝臓病の施術効果が高く、曲泉はだるさに効きます。

期門

上腹部の張りと重苦しい不快感をやわらげる

<位置>

乳頭の増したの線上で大9肋骨の内側のあたり

<施術>

お客を仰向けに寝かせ、両手の親指で軽く肋骨の下がくぼむ程度に指圧すると、上腹部の張りと重苦しい不快感がやわらぐ。みぞおちの巨けつから日月・大巨などへ向けてマッサージするとさらに効果的です。

太衝

ふだんから押しもんでると肝臓の諸症状に効果をもたらす

<位置>

足の甲の高くなったところで、足の親指とその隣の指の間の線上

<施術>

東洋医学で、肝臓の機能を整えるエネルギーの通路の原点とされているツボ。ふだんから親指でよく押しもんだり、お灸をすえたりしていると肝臓の病気にともなう諸症状への効果が高まるようです。

肝ゆ

肝機能をよくする特効ツボ、胆ゆ・腎ゆの指圧を加えるとさらに効果がます

<位置>

背中の上下真ん中ぐらいで、背骨をはさんだ両側のあたり。

<施術>

施術者はうつぶせに寝たお客の背中に両手のひらをついて親指で指圧する。はじめは軽く、だんだん力をこめて3~5秒押すのがコツ。これは肝機能をよくする特効ツボ。すぐ下の胆ゆや腰の腎ゆも同様に指圧すると効果が増すよう様です。

 

過敏性腸症候群|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.12.19 | Category: 鍼灸施術

今回は、過敏性腸症候群について紹介したいと思います(^-^)

<症状>

お腹が張る、ゴロゴロ鳴る、下痢と便秘を交互に繰り返す、ときどき腹痛があるなどの症状に、全身のだるさと疲れやすさをともないます。腸の炎症というよりは、神経性機能異常といわれ、精神的ストレスなどが原因となっt起こる場合が多い病気です。

<施術のポイント>

まず全身の緊張をほぐすために背中の神ゆから腰の腎ゆまでを指圧し、続いて背骨沿いに背中から腰までをマッサージします。精神的ストレスが原因の場合、頭重をともなうことが多いので、その場合は天柱と大椎をよくもみほぎすと効果があります。

天枢、大巨など腹部の各ツボは消化器全般の機能を促進し、手の合谷は大腸、足の三里と三陰交に胃腸の調子を整えます。おなかの張りをとるのには腹りゅう、体力増強には太けいが効果的です。

<施術のすすめ方>

腎ゆ

腎ゆの指圧でからだの緊張をほぐしてから腰の各ツボを指圧すると効果が高まる

<位置>

いちばん下の肋骨の先端と同じ高さのところで、背骨をはさんだ両側

<施術>

施術者はお客をうつ伏せに寝かせ、両手の親指でツボを押す。背中からここまでを順にじっくりと指圧すると、体の緊張がほぐれる。続いて大腸ゆなど腸の機能に効果のある腰の各ツボを指圧すると効果的です。

天枢

腹筋の機能を高め消化器系の調子を整える

<位置>

おへその両脇、指幅2本分ほどのあたり

<施術>

お客を仰向けに寝かせ、中指・薬指をそろえて、腹部の脂肪が軽くへこむ程度に押す。マッサージと併用して消化器系の機能を整える。

大巨

消化器系の機能全般を整えるツボ指圧・マッサージもよいがお灸の効果的

<位置>

おへその外側へ指幅2本分ほどのところをさらに指幅2本分ほど下がったあたり。

<施術>

両手の親指で腹部の脂肪が軽くへこむ程度に押す。マッサージと併用して消化器系の機能を整える。この症状の施術は、天枢・腎ゆ・大巨のお灸も効果的。数週間続けるとよい。

夜泣き・疳の虫|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.12.18 | Category: 鍼灸施術

夜泣き・疳の虫について紹介したいと思います(^-^)

<症状>

夜中に突然泣き出す「夜泣き」は、神経過敏の子供に起こしやすい症状です。俗に「疳の虫」とよばれているものは、子供の心が不安定で神経質になっている状態をいい、夜泣きの原因のひとつとされています。ただし、赤ちゃんが空腹時やおむつがぬれたときに夜昼関係なくk¥なくのは当たり前のことで、神経過敏からくる夜泣きではありません。

<施術のポイント>

子供の神経にさわりょうな恐い話や無理なしつけをしないことです。ツボ療法では背中の身柱や胸の鳩尾、腰の腎ゆなどをやさしく指圧して、子供の気持ちをリラックスさせるようにします。子供の指圧は力の入れ方を軽くすることが大切です。ヘルスメーターを押したときに500グラムから1キログラム程度に針がふれる圧力で押すのがちょうどよいでしょう。

<施術のすすめ方>

○鳩尾

寝床で子供がむずかったらやさしくこのツボをなでるとよい

<位置>

みぞおちの上方、胸骨の下端の少し下

<施術>

施術者は、仰向けに寝た子供のみぞおちの上方を両手の親指で指圧する。子供の呼吸に合わせておこなうのがコツ。寝床で子供がむずかったときは、やさしく「の」の字を描くようになでるとよい。

○身柱

子ども特有の症状によく効くツボ、指圧をしてもお灸をしても効果が高い

<位置>

背骨の上、第3胸椎と第4胸椎の間のあたり

<施術>

からだの柱にあたるツボで、昔から子供の万病に効くともいわれている。両手の親指で軽くもみ押したり、お灸をすえると効果がある。子供の施術の場合、指圧はゆるく、お灸は温灸程度で熱くしないように心掛けることが大切。

○腎ゆ

神経質なこどもでも、体の緊張がほぐれてくる

<位置>

肋骨のいちばん下の先端と同じ高さのところで、背骨をはさんだ両側

<施術>

施術者はこどもをうつぶせに寝かせ、両手の親指でやさしくツボを押す。神経質な子どもでも、これによりからだの緊張がほぐれ、体調が整えられる。全身に活力をつける効果もある

 

五十肩|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.12.16 | Category: 鍼灸施術

今回は、五十肩について紹介したいと思います(^-^)

<症状>

40~50歳代の人に多くみられる肩の痛みで、正確には肩関節周囲炎といいます。

肩こりとは違って、肩が重いような、だるいような感じで始まり、やがて肩を少し動かすだけで痛むほどになります。ひどい場合には、肩の筋肉がやせたり、軽く押しただけでも痛んだり、肩の周囲が硬くこわばってくることもあります。

<施術のポイント>

五〇肩は、別名を凍結肩というほど、肩の冷えをともないます。したがって、指圧やマッサージの前には、首から肩にかけて、蒸しタオルなどで温めることも大切です。ふだんから、肩を冷やさないように注意しましょう。

ツボ療法では、肩の前後の面に集中した肩井、肩ぐう、じゅ会、ひじゅ、雲門、天宗などの各ツボをていねいに指圧すると効果があります。痛みには温灸施術もたいへん効き目があります。

<施術のすすめ方>

肩井

指圧をしても、お灸をしても肩こりと痛みによく効くツボ

<位置>

首の後ろの根もとと肩先の中間のところ

<施術>

施術者はお客の肩をつかむようにして、親指でも強めにもみ押す。お客が自分で指圧するときは人差し指を使い、右手で左肩、左肩を片方ずつ押すとよい。肩こりと痛みによく効く。お灸も効果的です。

肩ぐう

指圧とマッサージの併用で肩の三角筋の痛みをとる

<位置>

肩の先端、腕を真横に動かすとくぼみのできるところ

<施術>

施術者は片手でお客の腕をしっかり支え、もう一方の手の親指でツボを指圧する。これによって肩の三角筋の痛みがやわらぐ。胸の中心から鎖骨の下沿いに、このツボの位置へ向かってマッサージをくり返すとさらに効果的だそうです。

じゅ会

肩・上腕部の痛みや腕があがらないという症状に効く

<位置>

肩の後ろの骨のくぼみから指幅3本分ほど下がったところ

<施術>

施術者は片手でお客の腕をしっかり支え、もう一方の手の親指でツボを指圧する。肩の三角筋と上腕部の痛みによく効くので、腕が痛んであがらない場合に、もむように動かすと症状がかるくなるようです。

 

つわり|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.12.12 | Category: 鍼灸施術

今回は、つわりについて紹介したいと思います(^-^)

<症状>

妊娠2~4カ月ごろ、妊娠にともなう生理的な反応として起こる症状です。気分がすぐれず、吐き気、嘔吐、食欲不振などを訴えるケースが際も多いようですが、人によっては食べ物の好みが変化したと感じたり、それがつわりだとはまったく感じないほど軽いこともあります。

<施術のポイント>

健康的に妊娠が持続できるよう、全身の機能の調整をはかることを目的とします。背中の肝ゆ、胃ゆ、脾ゆの指圧は、胃腸の機能を整えるので、嘔吐や食欲不振に効果があります。のどの気舎、天てい、首の後ろの天柱などを指圧すると、こみあげる吐き気もしずまります。

腹部の中かんとその周辺の各ツボも胃腸の機能を整えます。強い刺激を避け、やさしく指圧するとよいでしょう。足のツボも全身の調整をはかるので、よくもみ押しておきます。

<施術のすすめ方>

天柱

妊娠初期によくみられる、だるさと気分の不快感をとる

<位置>

首の後ろの髪の生えぎわにある、2本の太い筋肉の外側のくぼみ

<施術>

施術者は、お客の頭を後ろから両手で包み込むようにし、親指でこねるようにツボをもみ押す。よくもみほぐすと、妊娠初期特有のだるさと気分の不快感がやわらぐ。こみあげてくる吐き気には、首の天てい、のどの気舎の指圧を用いるとよい

胃ゆ

背中の緊張をほぐし、胃の痛みと重苦しさをやわらげる

<位置>

背中の中央からやや下で、背骨をはさんだあたり

<施術>

施術者はうつ伏せに寝たお客の背中に両手のひらをつき、左右のツボを親指で同時にやや力をこめて押す。これによって背中の緊張がほぐれ、胃の機能が整えられるので、食欲不振が開腹に向かうようです。

中かん

ごく軽いマッサージと併用して健康な食欲を取り戻す

<位置>

腹部の中心線上で、みぞおちとおへその中間あたり

<施術>

消化機能を整えるのに大切なツボ。施術者は、仰向けに寝たお客の腹部に指先をそろえて両手を重ねる。お客が息を吐くのに合わせて軽く押さえる。続けて腹部マッサージへとなめらかに移る。消化機能を整え、健康な食欲を呼び戻すのに効果的です。

胃下垂・胃アトニー|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.12.09 | Category: 鍼灸施術

今回は、胃下垂・胃アトニーについて紹介したいと思います(^-^)

<症状>

正常の状態よりも胃が下がっていて、骨盤あたりまできていることを胃下垂といいます。体質的なものまで健康な人にもみられますが、これが原因で食後に胃がもたれたり、便秘をおこしたりする場合もあります。

一方、胃アトニーは、胃下垂の症状に加え、胃の筋力の低下で、胃の働きが悪くなった状態をいいます。

<施術のポイント>

胃下垂も胃アトニーも、胃の状態が悪いために、その機能まで悪化してしまうという病気です。したがって、まずは胃の機能を高めることが大切です。背中の胃ゆ、脾ゆ、腹部の巨けつ、不容腕の曲池などを刺激すると、消化器系の機能が高められ、胃の運動が促進されて、胃液の分泌も活発になります。指圧ばかりではなく、お灸も効果的です。

<施術のすすめ方>

胃ゆ

胃の腹き・胃液の分泌を促進し消化機能を活発にする

<位置>

背中の中央からやや下で、背骨をはさんだ両側のあたり

<施術>

施術者はうつぶせに寝たお客の背中に両手のひらをつき、親指で左右のツボを同時に、やや力をこめて押す。これによって胃腸の機能が高まり、胃液の分泌を促して消化機能が活発になる。すぐ上の脾ゆも同様に札するとよい。

曲池

大腸をはじめ消化器系全般の調子を整え、鈍っている胃の働きを助ける

<位置>

ひじの曲がり目の親指側のくぼみ

<施術>

ひじをしっかりつかむようにしてツボの位置に親指を当てる。押すときは親指の関節を曲げて力をこめる。このツボは主に大腸の機能を高め、消化器系全般の調子を整えるので、胃の働きがにぶっているときにも効果を発揮するようです。

不容

胃のもたれと痛み、胸やけにもよく効く胃の症状の特効ツボ

<位置>

8番目の肋骨の前側で、みぞおしの両側あたり

<施術>

施術者は、仰向けに寝たお客のツボの位置に両手の親指を当て、お客のわき腹をつかむようにして指圧する。胃の諸症状をやわらげる特効のツボ。とくに、胃のもたれやシクシクする痛み、胸やけなどによく効くそうです。

息切れ・呼吸が苦しい|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.12.08 | Category: 鍼灸施術

今回は、息切れ・呼吸が苦しいみついて紹介したいと思います(^-^)

<症状>

呼吸が速くなり、ハアハアとたくさん呼吸をする状態を息切れといいます。これは激しい運動や管状のたかぶりなどによって、健康な人にもよくみられます。

ストレスなど精神的なものが原因で起こる場合もおおいようですが、あまりひどい場合には、呼吸器や心臓、循環器などの病気を疑います。

<施術のポイント>

重い病気の疑いがあれば必ず専門医へ。精神的なものが原因となっている場合や軽い症状には、ツボ療法で対処できます。

まず、気道を広げ、呼吸がらくになるようにするため、背中のこう盲、神堂、けつ陰ゆ、心ゆ、胸の中府を指圧します。腹部の中かん、巨けつも効果があります。手のげき門、陰げきの指圧は胸の充血と手の冷えをやわらげます。最後に腰の腎ゆを指圧して全身の体調を整えましょう。

<施術のすすめ方>

けつ陰ゆ

静かに長く指圧をおこない息切れにともなう胸苦しさをやわらげる

<位置>

肩甲骨の内側で、背骨をはさんだ両側のあたり

<施術>

施術者は、うつ伏せに寝かせたお客の背中に両手をつき、親指で左右のツボを同時に押す。静かに10秒ぐらいおしつづけるのがコツ。息切れにともなう胸苦しさをやわらげる。腹部の巨けつの指圧を併用するとさらに効果的です。

神堂

動悸・息切れをしずめ胸苦しさをやわらげる

<位置>

背骨をはさんだ両側で、左右の肩甲骨のすぐ内側のへり

<施術>

施術者は、うつ伏せに寝かせたお客の背中に両手をつき、親指で左右のツボを同時に、静かに10秒ぐらい押し続ける。心臓疾患の施術によういられるツボで、激しい動悸と息切れをしずめ、胸苦しさもやわらげるようです。

中かん

自律神経機能に働きかけ呼吸を整える

<位置>

腹部の中心線上で、みぞおちとおへその中間あたり。

<施術>

施術者は、仰向けに寝たかんじゃの胸の上で、お客ののどの方へ指先を向けて両手を重ね、中指の先で指圧する。自律神経機能に働きかけて呼吸を整える。精神的要因で息苦しい場合にも効く。症状が慢性的な場合はお灸も効果的です。

冷え症|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.12.07 | Category: 鍼灸施術

今回は、冷え症について紹介したいと思います(^-^)

<症状>

女性に多いといわれる冷え症では、とくに腰や手足だけに強い冷えを感じるケースが目立ち、ときには頭痛部の張りと痛みなどをともないます。健康な人にもよくみられる症状ですが、更年期障害のためにひどくなることもあります。若い女性の場合は冷え症がひどい子どもができにくくなるということもあります。また、婦人科系の病気が原因で起こることもあります。

<施術のポイント>

腰に虫タオルをのせたり温湿布をして温める、あるいは手足などをよくもんで血行をよくする、熱足浴をするなど、こまめに家庭療法をおこないます。ツボ療法ではからだの保温に気を配りながら、背中や腰の次りょう、足の三陰交などといった各ツボをもみおします。腰から足への血行促進には衝門、気衝が効果的です。腹部に針と痛みがあれば、天枢などおへそのまわりのツボをさするようにします。

<施術のすすめ方>

三陰交

冷え症の施術に欠かせないツボ下腹部の張りもやわらげる

<位置>

足の内くるぶしから指幅3本分ほど上がったところ

<施術>

施術者は、お客のツボの位置に親指を当て、お客のすねをてのひらで包むようにして親指に力をこめる。冷え症の施術に欠かせないツボで、この刺激が冷えをおさえ、下腹部の張りや突っ張るような不快感をやわらげてくれるようです。

気衝

押したりはなしたりをくり返し、足の血行を促進する

<位置>

足のつけ根の鼠径溝の中央部と性器の中間

<施術>

指先をそろえて数秒間しっかり押し続けて、パッと話すという動作を繰り返す。これによって、足をめぐる血液の循環が促進され、冷えがやわらぐ。鼠径溝の中央にある衝門も同様に用いて効果がある。

次りょう

腰をめぐる血行をよくし冷えをやわらげる

<位置>

臀部の平らな骨にある上から2番目のくぼみの中

<施術>

施術者はお客の腰に両手を当て、親指でツボを押す。このツボを中心に腰の各ツボをゆっくりもみほぐすと腰の緊張がほぐれて血行がよくなり、冷えがやわらぐようです。

母乳が出にくい|大和高田市 ふれあい鍼灸整骨院

2017.12.06 | Category: 鍼灸施術

今回は、母乳が出にくいについて紹介したいと思います(^-^)

<症状>

出産後2~3日たつと母乳の分泌が始まります。しかし、十分に母乳が分泌されていても、乳管などがなんらかの原因でつまっていたりすると、母乳がでにくくなります。この場合は乳房にしこりがあって痛みを感じますが、乳腺に炎症を起こすこともあるので注意が必要です。

また、ホルモンの分泌が旨くいかなかったり、疲れや心の悩み、不安定な栄養状態などが原因となり、母乳の分泌そのものが少なくなって、母乳がでにくくなるということもあります。

<施術のポイント>

乳房全体を蒸しタオルなどでよく温め、胸の天けい、乳根、乳中、よう窓、神封などのツボを中心にマッサージをおこないます。ただし、乳房に熱があって激しく痛んだり、乳腺に炎症が起きている場合には、必ず専門医の施術を受けましょう。無理なマッサージは厳禁です。また、乳房に異常があると、前にかがみがちになって首や背中がこりやすくなるので、肩甲骨のまわりの各ツボも指圧するとよいでしょう。

<施術のすすめ方>

乳根

乳房のはれと痛みをやわらげ、母乳の出をよくする

<位置>

乳房のつけ根の中央あたり、第5肋骨と第6肋骨の間

<施術>

人差し指と中指をそろえて軽く指圧したり、乳房の下のつけ根にそってさすったりする。乳房の張り・痛みをやわらげ、母乳の出をよくする効果があるようです。

よう窓

胸の痛みと乳房の痛みにとてもよく効く

<位置>

乳房の上のつけ根の中央あたり、第3肋骨と第4肋骨の間。

<施術>

胸の痛みや乳房の痛み、母乳の出が悪いときに用いて効果がある。人差し指と中指をそろえて軽く指圧したり、乳房の上のつけ根に沿ってさすっったりするとよい。

天けい

乳房の腫れが起きたときここを中心に施術するとよい

<位置>

第4肋骨と第5肋骨の間で、乳房のつけ根の脇の下側、乳首の真横あたり

<施術>乳房のはれにとてもよく効くツボ。人差し指と中指をそろえて軽く指圧したり、乳房の脇にそってさするとよい。

母乳の出をよくするマッサージ

母乳の出をよくするマッサージをおこなうときは、あらかじめ温めたタオルで乳房全体を覆うなどして10~15分ほど温湿布します。

温湿布がすんだらお客を仰向けに寝かせ、乳房のまわりの各ツボをポイントにしてマッサージをおこないます。大まかには、乳房の上と下にそれぞれ半円をえがくようにして、手のひらでマッサージし、次に乳房の裾から乳頭に向かってなでもむようにします。それから乳頭を刺激し、背中のマッサージも加えます。sと陽時間は、温湿布の時間も含めて20~30分ぐらいが適当です。

①乳房のふくらみの裾の部分を手のひらでマッサージ。左右の手でそれぞれ数回、半円を描くようにおこなう。。それがすんだら乳頭の方向へ向かって乳房のふくらみを集めるようになです。

②乳頭の方向へ向かって乳房のふくらみを集めるようにしてなでるときは、同時にわきの下や乳房の外側などもていねいになでる。それがすんだら次は両手で軽く乳房のふくらみをもむ

③親指と人差し指で乳頭をつまんでもみ、引っ張ったり振動させたりして刺激を加える。乳頭がすんだら乳房全体を振動させる

④乳房の施術がすんだらお客の体を横向きにして背中を軽くさすってマッサージを終える。①~④を、片方の乳房のマッサージ1回分の基本手順とし、これを療法におこなうようです。